<< Cherryblossoms in the Netherlands | main | 寡黙 >>
すべては初めて起こる
女を抱きしめるものはアダムである。女はイヴである。
すべては初めて起こる。
わたしは空に白いものを見た。月だと教えられたが、し
 かし
言葉や神話が相手では、どうすることもできない。
樹々はいささかわたしを不安にする。余りにも美しいか 
 らだ。
静かな動物たちが寄ってきて、わたしに名前を付けてく
 れという。
図書館の書物に文字はない。わたしが開くと現われるの
 だ。
地図をめくりながら、わたしはスマトラの形を投影する。
暗がりでマッチを擦る者は火を発明中なのだ。
鏡の中には待ち伏せる別の男がいる。
海を眺める者はイングランドを見ているのだ。
リーリエンクローンの詩をくちずさむ者は、すでに戦闘
 に加わっている。
わたしはカルタゴと、そのカルタゴを破壊した軍団を夢
 に見た。
わたしは剣と秤を夢に見た。
所有する男も所有される女もなく、二人が許し合う愛は
 素晴らしい。
われわれにも地獄が造れることを教える。悪夢は素晴ら
 しい。
ある流れに降りたつ者は、ガンジス河畔に降りたつのだ。
砂時計を眺める者は、さる帝国の崩壊を見ている。
短剣をもてあそぶ者は、カエサルの死を予感している。
眠っている男はすべての人間なのだ。
わたしは砂漠で、彫られたばかりの若いスフィンクスを
 見た。
陽の下には古きものなしである。
すべては初めて起こるが、永遠の形式においてである。
わたしの言葉を読む者は、正にそれを創造しつつあるの
 だ。

(ホルヘ・ルイス・ボルヘス「幸福」鼓直訳)


| 大森日記 | 00:11 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
写真集